【おすすめのゲーミングモニター6選】当たったはずなのに!を解決

ゲーム DbD

DbDを含め、ゲームプレイ中に「今の当たったのに!」なんてことありませんか?

単純に回線の問題という場合もありますが、そのモニターが原因かもしれません。

普通のテレビ画面でゲームをしていませんか?画面が大きすぎたりしてませんか?

実際私もDbDを始めた当初は、スキルチェックに苦しめられました。

いくらピッタリ当てたと思っても、針が滑るようにずれていってしまうんです。結果、発電機爆発魔として煙たがられました。

その時使っていたのは50インチのテレビ画面・・・迫力はあるのですが、爆発魔ではランクが上がる気配もありません。

私の腕が悪い可能性もありましたが、とりあえずゲーミングモニターを導入してみました。

すると、スキルチェックの失敗はほぼ無くなった上に、索敵もしやすいじゃないですか。何なら破滅ありでもグレート連発。隠密力も高まり、爆上がりする脱出率。

私の場合、完全に原因はモニターでした。私と同じような心当たりのある方には、ゲーミングモニターがおすすめです。

今回はゲーミングモニターの選び方や人気のゲーミングモニターについてお話します。

ゲーミングモニターの選び方

ゲーミングモニターを選ぶ際のポイントはいくつかあります。

ゲーミングモニターを選ぶポイント
  • 1.応答速度
  • 2.リフレッシュレート
  • 3.HDMI端子があるか
  • 4.画面のサイズ
  • 5.解像度

1.応答速度

特にPS4、switchなどCS機(ゲーム機)ユーザーの方に影響が大きいポイントです。

ゲーミングモニターのメリットは応答速度が速いことが挙げられます。

応答速度とはCS機やPCからの命令が、液晶に反映されるまでの時間を現しています。単位は「ms」で表記されます。

快適にゲームをするうえで、必要な速さは5msまたは1msになります。

数値は低い方がいいので、良スペックを求めるなら1msです。ただ、5msでも体感的にはさほど変わりはありません。

1msか5smかで価格は変わってくるので、予算との相談で選ぶといいでしょう。

2.リフレッシュレート

ゲーミングモニター

リフレッシュレートとはモニターが1秒間で書き換える画面の回数を現します。60Hzでは1秒間に60回画面を書き換えます。

CS機やPCが出力する画面の回数をフレームレートと言いますが、それを受けてモニター側で画面を書き換えるのがリフレッシュレートです。

Hzの数値が高い方が、より動きの多く速いシーンでもなめらかにハッキリ見えるということです。

ただ、例えばフレームレートが144FPS(1秒間に144画面出力される)の場合、モニター側が60Hzでは84画面が無駄になります。

出力側のFPSに併せたHz数値が必要になってきます。

現在PS4などのCS機では60FPSが上限なので、CS機での使用を考えている場合は60Hzのものがいいでしょう。

※PS5では最大120FPS対応になるので、120Hz以上のものをおすすめします

PCではPCの性能によりますが、144Hz以上のリフレッシュレートを選んだ方が有利です。

3.HDMI端子があるか

現在のゲームはHDMIでの接続が主流なので、HDMI端子のあるモニターを選びましょう。

古くてあまり安価なものはHDMI端子がない場合があります。お気を付けください。

また使い方にもよりますが、PS4とswitchなど複数のCS機やPCを使う場合は複数搭載しているものがおすすめです。

使うものを変える度に毎回接続しなおすのは地味に手間です。

そして、実はPCではHDMIよりDisplay Portの方が解像度やフレッシュレートの高い出力が可能です。

お使いのPCにDisplay Port端子がある場合は、Display Portを使用をした方がより快適になります。

4.画面のサイズ

画面は大きい方が小さい敵もよく見えるんじゃないか、なんて私は最初思ってました。

それは素人考えで、それより画面全体を一瞬で見渡せる大きさがベストです。

画面は次々に変わっていくので、視点移動をなるべく減らした方がこちらの反応も早くなります。

そんなわけでデスクで向き合うと視界に収まるサイズ。画面の大きさは21~24インチ程度をおすすめします。

プロゲーマーが使うサイズは24インチが多いようです。

5.解像度

CS機では4K対応しているのがPS4ProかXbox One Xくらいしかないので、それ以外を使っている場合はフルHDで十分です。

Proなんかを使っていて映像の綺麗さを優先する場合は4Kでも良いですが、4Kは遅延が大きくなりやすいです。

DbDやFPSなどの対戦型ゲームをされる場合は、フルHDがいいでしょう。

PCも映像を重視する場合以外は同じくフルHDで十分です。リフレッシュレートを優先して購入するのをおすすめします。

必要スペックのまとめ

上記を踏まえて、必要なスペックをまとめます。

値段や性能もまちまちなので、予算と相談して検討してみてください。

CS機(PS4)のゲーミングモニター

  • 1.応答速度:5ms(予算に余裕があれば1ms)
  • 2.リフレッシュレート:60Hz
  • 3.HDMI端子あり
  • 4.画面のサイズ:21~24インチ
  • 5.解像度 :フルHD

PC、PS5のゲーミングモニター

  • 1.応答速度:5ms(予算に余裕があれば1ms)
  • 2.リフレッシュレート:144Hz以上
  • 3.HDMI端子あり(PCによってはDisplay Port)
  • 4.画面のサイズ:21~24インチ
  • 5.解像度 :フルHD

CS機 (PS4、switch) おすすめのゲーミングモニター

上記のスペックを備えているモニターの中から、人気なゲーミングモニターをご紹介します。

BenQ  GL2580HM-S

スペック
  • 24.5インチ
  • 応答速度 1ms
  • リフレッシュレート 60Hz
  • TNパネル、非光沢
  • 解像度 1920×1080(フルHD)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • 端子 HDMI×1、D-sub×1、DVI

私、現在使っています。配線をスタンドの後ろに収納できるのですっきりします。

ベゼルが非常に薄いので、デザイン的にもシンプルで綺麗に見えます。インテリアに凝っていて、モニターの見た目も重視する方におすすめです。

私は50インチのテレビからこちらに変えて、キラーもサバイバーも劇的に勝率アップしました。

Acer KG251QGbmiix

スペック
  • 24.5インチ
  • 応答速度 0.7ms
  • リフレッシュレート 75Hz
  • TNパネル、非光沢
  • 解像度 1920×1080(フルHD)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • 端子 HDMI×2、D-sub×1

お値段は少々高くなりますが、応答速度が1msを切る速さを誇ります。

8種類のゲームモードがあるので、そこから最適な設定を選ぶこともできます。

更にブラックブースト機能搭載で、黒色の強弱を調節可能。暗がりも見やすくなります。

VESAマウント対応なので、ディスプレイアームや壁への固定などが可能です。

ASUS VP228HE

スペック
  • 21.5インチ
  • 応答速度 1ms
  • リフレッシュレート 75Hz
  • TNパネル、非光沢
  • 解像度 1920×1080(フルHD)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • 端子 HDMI×1、D-sub×1

コンパクトでお値段も比較的リーズナブルなモニターでしたらASUSのVP228HE。

画面上に照準を表示する機能があるので、DbDならハントレス向きですね。

タイマー機能もあるのでDSのタイミングも計れたり。一定のスペックを保ちつつ、ちょっと助かる機能がついています。

I-O DATA EX-LDGC251TB

スペック
  • 24.5インチ
  • 応答速度 0.8ms
  • リフレッシュレート 60Hz
  • TNパネル、非光沢
  • 解像度 1920×1080(フルHD)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • 端子 HDMI×2、 DisplayPort ×1

こちらも0.8msと1msを切る応答速度です。Night Clear Visionを搭載しているので、暗い場面でも敵を見逃しません。

DisplayPortもあるので、PCでも使うことができます。

映像の明るさにより輝度を自動調節してくれるので、最適な明るさでゲームを楽しめます。ゲームモードも5種類用意。

PC、PS5におすすめのゲーミングモニター

ASUS VG258QR

スペック
  • 24.5インチ
  • 応答速度 0.5ms
  • リフレッシュレート 165Hz
  • TNパネル、非光沢
  • 解像度 1920×1080(フルHD)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • 端子 HDMI×1、 DisplayPort ×1 、DIV-D×1

CS機用のモニターよりは高価になってきますが、応答速度が0.5ms、リフレッシュレート165Hzと高スペックです。

HDMI端子が少なめですが、画面に照準を表示するエイム機能があるのでゲームによっては便利です。

I-O DATA  EX-LDGC251UTB

スペック
  • 24.5インチ
  • 応答速度 0.6ms
  • リフレッシュレート 240Hz
  • TNパネル、非光沢
  • 解像度 1920×1080(フルHD)
  • フリッカーフリー
  • ブルーライト軽減
  • 端子 HDMI×2、 DisplayPort ×1 、DIV-D×1

リフレッシュレートが240Hzと非常に滑らかな映像でゲームがプレイ可能です。

CS機用にご紹介したI-O DATA機種と同様の機能に追加して、2画面表示が可能です。

更にスタンドがゲーム用になっており、上下左右に回転したり傾きを変えるなど可動式です。

稼働にあわせて自動で画面も切り替わるハイスペックなモニターになっています。リモコンつき。

お得にamazonで購入する方法

amazonギフト券を現金チャージすることで、amazonでお得に購入することができます。

1回のチャージ金額 通常会員 プライム会員
90,000円~ 2.0% 2.5%
40,000円~ 1.5% 2.0%
20,000円~ 1.0% 1.5%
5,000円~ 0.5% 1.0%

通常会員は最大2.0%プライム会員最大2.5%もお得!

ポイント取得方法は簡単。

以下の支払い方法でチャージするだけでポイントを受けられます。

支払い方法

  • コンビニ
  • ATM
  • ネットバンキング

15円から1円単位でチャージができるので管理しやすい!

現金派ならぜひ使いたいサービスです。

▼よりお得なプライム会員に登録するなら

▼amazonギフト券をチャージするなら

人気のゲーミングモニターまとめ

いかがでしたでしょうか。ゲーミングモニターにも用途によって色々種類があります。

使用用途や機種によって好みのモニターを選んでください。

今までテレビ画面を使用していたなら、勝率は劇的に変わるはず。

私はDbDだけでなくFPSもやりますが、かなり反応が早くなったのと索敵が楽になりました。こちらもキル率が非常に上がりました。

PS4やswitch用であれば1万円台からですが、その価値は大いにあります。私はありました。ヘッドセットと同じく世界が変わりました。

スキルチェックが上手くいかない、索敵が苦手、攻撃が当たらない。

そんな方はゲーミングモニターの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました