DbD‐ドクター相手の立ち回り【実は見つかっても怖くない】

DbD

こちらの記事はドクターがリワークされる前の記事です。

リワーク後の新しいドクターの記事はコチラ↓↓

【リワーク後新ドクターの対抗策】注意すべきはショック治療

常に辺りに電流を漂わせ、サバイバーを狂気に至らしめるのでおちおち隠密もできません。キラーの中でも一番索敵を得意とするドクターは、苦手とする人も多いでしょう。

でも大丈夫、索敵が得意な分苦手な分野もあります。それに常に電流を漂わせている訳でもないんです。

スポンサーリンク

THE DOCTER(ドクター)とは

Dead by Dayligth(デッドバイデイライト)のキラーの1人、ドクター。何故だか自分で目と口を見開いた奇妙な出で立ちで、放電しながら練り歩く変なキラーです。

あたりに電気を帯電させ、ショック療法という名の狂気を撒き散らします。今回は、そんなドクターとの戦い方について考察していきます。

クレイジーだね!

スポンサーリンク

ドクターの特殊能力、特徴

まずはドクターの能力をおさえよう

処罰モードと治療モード

ドクターは、処罰モード治療モードを切替えて戦います。見た目的にドクターの構えが違うので、判断はつきやすいでしょう。

処罰モード
  • 棍棒でサバイバーを攻撃する
  • ショック療法はできない
  • 移動速度は早め

ドクターが棍棒を握りしてめている時はこの処罰モードです。通常の攻撃が可能です。

治療モード
  • 電気ショックを発射する
  • 攻撃はできない
  • 移動速度は遅め
  • サバイバーの狂気を上げ叫ばせる

左手をにぎにぎしているのがこの治療モードです。周囲に電気をまといながら、チャージして電撃ビームを発します。

狂気ゲージ

治療モード中に心音範囲内にいると、サバイバーは狂気ゲージが貯まります。狂気ゲージが貯まると狂気Lvが上昇し、Lvが上がる度に叫んで位置を通知してしまいます。

あと画面いっぱいにドクターの顔が表示されるので、心臓に悪いです。

狂気ゲージの特徴
  • 【Lv1】
    • 移行時に叫ぶ
    • スキルチェックの難易度が上がる
  • 【Lv2】
    • 幻影がサバイバー付近に現れて位置が把握されやすい
  • 【Lv3】
    • 一部アクションが不可
    • 急に叫び出す(ドクターに通知)
    • 幻影がドクターに可視表示される
    • 手動でLv2への回復が可能
狂気ゲージ

狂気Lvは画面右側に表示されるアイコンでわかります。

「V」のマークの数がLvを表しています。画像はLv3の状態です。

Lv3になると、発電機修理などの行動ができなくなるので、Lv2に戻すことを余儀なくされます。

「正気を取り戻す」というコマンドが出るので、回復しましょう。その際スキルチェックがランダムな場所に3回ほど出るので頑張ってください。スキルチェックが苦手だと、とことんハマります。

スポンサーリンク

ドクター相手の立ち回り

まずはドクターの弱点!

ドクターの弱点
  • ドクターの居場所がわかりやすい
  • チェイスが少々苦手

狂気によって叫んだ場合は全員に共有されるので、ドクターの居場所がまるわかりです。その上ワープなどはできないキラーなので、いつの間にか後ろにいるなんてことはありません。

誰かが叫ぶと声と一緒に人型の通知が入るよ

チェーンソーやワープ、罠などの能力を持たないドクターは愚直に追う他ありません。ある程度距離を離せば逃げ切れる可能性も高いキラーです。

序盤

あちこちからサバイバーの叫びが聞こえたり、地面がふわふわ帯電しているようなモーションがあればドクターです。

遠くで叫び声が聞こえていたら、すぐに発電機を修理し始めましょう。ドクターは恐らく最初に叫んだサバイバーを追うので、時間はあるはずです。

最初のうちに心音範囲内に入ってしまうと、狂気Lv1になるのは早いです。その場に潜んでいてもすぐに叫んでしまうので、チェイスに入れるような体制を整えるしかありません。

初めのうちに狂気Lv1に入り、一度叫んでおいた方が後々の重要な場面で叫ばずいいかもしれません。

チェイス時

前述した通り、ドクターは高速移動系の能力はないので普通に追うしかありません。窓枠や板を使って通常通りに逃げるのが一番です。

隠密していても、叫ばされる以上すぐ見つかってしまいます。隠密してやり過ごすより、見失ったタイミングを見計らって距離を取る方がいいでしょう。

ただし、電撃あてが上手いドクターには気をつけて

電気ショックにあたった直後の2.5秒間は、アクションが起こせません窓枠の飛び越えや板倒しもできないので、そのタイミングを狙ってくるようなドクターは要注意です。

電気ショックは発動までに時間差があるので、難しいけどね

救助時など、どうしても隠密したい時

唯一の狂気ゲージを増やさない方法がロッカーに入ることです。ロッカー内にいれば叫ぶことはありません。救助時などはこっそり入るのも手でしょう。ただし「アイアンメイデン」にはお気をつけを。

アイアンメイデン

アイアンメイデン
アイアンメイデン(Iron Maiden)
  • キラーパーク
  • ロッカーを開ける速度が40/50/60%早くなる
  • ロッカーを出たサバイバーは15秒間無防備になり、3秒間位置が表示される
  • リージョン固有パーク
スポンサーリンク

対ドクターのサバイバーパーク

叫ばないようにするパークもあるよ

魂の平穏(Calm Spirit)

魂の平穏
パーク効果
  • 動物が騒ぐ確率が80/90/100%減る
  • ただし接触する程近づくと騒ぐ
  • キラーの能力による絶叫もしなくなる
  • ジェイク固有パーク

ドクターが一番辛いのはこのパークです。狂気が溜まっても叫ばない通知が入らないので、見つかる可能性が低くなります。

クラウン相手にも叫ばなくなります。最近カラスパークを使うキラーをちらほら見かけるようになったので、そちらにも有効です。

全力疾走(Sprint Burst)

全力疾走
パーク効果
  • 走り出してからの3秒間、移動速度が150%になる
  • 再使用までのクールタイムは30/25/20秒間
  • メグ固有パーク

基本的にダッシュ系パークは苦手です。しなやか、スマートな着地も同様。ダッシュ系パークを巧みに使い、チェイス時間を引き延ばされることを嫌います。

スポンサーリンク

最後に

今回はドクターとの戦い方についてでした。ドクターは居場所がわかりやすく高速移動などは出来ないので、狙われてなければ発電機に集中出来ます。

チェイスをしていた場所もわかりやすいので、逃げ場所も算段がつきやすいです。

他のキラーとタイプが違い、隠密が通用しにくいので最初のうちは苦戦するキラーです。もちろん弱点はあるので、敵を知れば戦いやすいです。

ドクターを使ってみるのもおすすめ

Twitterで最新記事をツイートしています。フォローもお待ちしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました