DbD【トラッパー相手の立ち回り】罠がありがちな場所はどこ?

DbD

大きなナタを持ちのしのし歩く仮面をつけた大男、こんなのに追いかけられたらひとたまりもないでしょう。

しかも手には大きなトラバサミ。自由奔放にチェイス、なんてことはさせてくれません。

今回はそんなDead by Daylight(デットバイデイライト)の看板キラー、トラッパーと遭遇した時の立ち回りについて、ご紹介します。

王道のキラーっぽい

スポンサーリンク

THE TRAPPER(トラッパー)とは

Dead by Daylight | Launch Trailer

不気味な笑みを浮かべた仮面に肉包丁、トラバサミを持ったゴリマッチョな大男・・・すでにこの出で立ちでモデルは誰かわかりますよね。「13日の金曜日」のジェイソンです。

Dead by Daylightの初期キラーであり、能力は至ってシンプルに「トラバサミを仕掛けること」です。

間近に迫った時に聞こえてくるその息遣い、トラバサミを仕掛ける「カチカチカチ」という音、隠れていてもドキドキが止まりません。あの威圧感ある巨体も、典型的なんですがやっぱり怖いんですよね。

スポンサーリンク

トラッパーの特殊能力:トラバサミ

トラッパーの武器は大きなトラバサミ。マップの至る所に罠を仕掛けてサバイバーを待ちます。

トラバサミの特徴
  • マップ上に基本7つランダムで生成
  • ひとつを手に持った状態で開始される
  • 拾い集めて使わなければいけない
  • サバイバーが踏むと一時的に動けなくなる
  • トラッパー自身もかかってしまう

トラバサミの上を通ると捕まってしまいます。その時トラッパーに位置と罠に掛かった通知が入るので、こちらにやってくる前に抜け出さなくてはいけません。

抜け出す方法は以下のどちらかです。

抜け出す方法
  • 自力脱出
  • 他のサバイバーに助けてもらう

自力脱出は運次第ですが、他のサバイバーに助けて貰えればすぐに抜け出せます。ただし遠くからわざわざ助けに行くのはリスキーな行為。もし近くにいたら助けてあげるくらいがちょうどいいでしょう。

スポンサーリンク

トラッパー相手の立ち回り

トラッパーの弱点は何かな?

トラッパーの弱点
  • 最初に罠を仕掛ける必要がある
  • 罠はトラッパーにも有効
  • デッドハードで切り抜けれる
  • 罠の解除、破壊が可能

トラッパーは最初、マップのあちこちに散らばったトラバサミを拾って仕掛けなくてはいけません。罠を仕掛けないとトラッパーの能力を発揮できないので当然です。

序盤に遭遇したら、身を隠しつつトラップを仕掛けている場所を確認しておくといいです。そしてトラッパーが離れた隙にサクッと解除しておきましょう。

罠は解除もできますが、「サボタージュ」や工具箱で破壊する事も可能です。破壊するとその罠は3分使えなくなります。かと言って破壊をしてまわるのはオススメできません、発電機が優先です

また、「デッドハード」で罠をくぐり抜ける事ができます。連発はできないのでチャンスは1回ですが、これはかなり効きます。

例えば細い道に仕掛けられていた罠を飛び越えた時、トラッパーはそのまま追う事ができません。そのまま追ってしまうと罠を自らが踏む事になり、その隙に逃げられてしまうからです。あえて踏むか、回り込むしかありません。

サボタージュ(Saboteur)

パーク効果
  • サバイバーパーク
  • 工具箱無しで肉フックや罠を破壊する事ができる
  • 破壊した肉フック、罠の復活までの時間が10/20/30秒増加
  • 工具箱を使用しない場合は解体速度が50%に減少する。
  • ジェイク固有パーク

デッドハード(Dead Hard)

パーク効果
  • サバイバーパーク
  • 負傷中にコマンド入力で発動
  • 短時間だけ前方にダッシュし、その間ダメージを受けない
  • このパーク発動後、60/50/40秒間は疲労状態となる
  • デイビットキング固有パーク

序盤の立ち回り

地面にトラバサミが転がっているのを見かけたら確実にトラッパーです。

もしくは、発電機を修理していてもなかなかキラーが巡回に来ず、誰も追われていない場合もトラッパーの可能性が高いです。そんな時はさっさと発電機の修理に取り掛かりましょう。

先程も書きましたが、トラッパーは最初罠を拾って仕掛ける時間が必要です。発電機の巡回は罠をある程度仕掛けた後に始めます

罠を仕掛られてしまった後はなかなかチェイスがしづらいキラーです。普通のキラーよりチェイス時間が短くなることを想定して、最初のこの時間を大切にしてください。

発電機の修理時

発電機の修理をする時は、周囲の確認をしてから修理に取り掛かった方がいいでしょう。修理中にトラッパーが来た時、逃げる場所を確保する為です。近くの窓枠や板の周辺を確認して、罠があったら解除しておくのがおすすめです。

ただし、罠を解除するとトラッパー側にわかってしまうので、貴方を探しに来る場合があります。(この場合通知は入りませんが、パチン!という音と罠の状態が変わっている事で察知できます)

解除する時は他のサバイバーが追われている時など、タイミングを見計らって行うのがいいでしょう。

トラバサミの見つけ方

罠が仕掛けられやすい場所はこんな所です。

  • 固有建築などの強い場所
  • 板や窓枠が多い場所
  • 細い通路

要はサバイバーが逃げ込みがちで、逃げ込まれると時間を稼がれてしまうような場所です。外マップには必ずある小屋なんかには、ほぼ必ず一つはあると言っていい程です。特に窓枠や板の付近の草むらや暗がりには多いので、チェックしてみてください。

また、トラッパーが近くに来た時は、隠れながらその動きをよく見ておいた方がいいです。罠を仕掛けると「カチカチカチジィー」という音がするので、聞き耳をたてておいて後でその周辺を探してみるといいでしょう。

探す時は、ゆっくりしゃがみ歩きをしながら地面を見て探しましょう。罠は大きいので草むらの中でないと目立ちますし、草むらの中でも「罠を解除する」のコマンドが現れるのでわかります。勢い余って罠に突っ込んでしまわないようにだけ注意してください。

トラッパーのクセも見抜けるとベストです。人によって窓枠の真下に仕掛けたり、少し外してみたり、少し傾向があったりします。

他のサバイバーがどんどん罠に掛かっている場合なんかは、仕掛けるのが上手いトラッパーの可能性もあります。そんなトラッパーの場合は、少し予想外だけれどサバイバーが通りがちなポイントを抑えているので注意が必要です。

チェイス時

できるだけ予め確認して罠を解除しておいた場所でチェイスしましょう。ただし、吊られているフック周辺だったり、修理間近の発電機の近くの場合は速やかに離れてください

チェイス時はなるべく草むらの上を通らないようにして、地面をよく見ながら動いてください。なかなかツラいチェイスですが、罠の無さそうな場所でなるべく時間稼ぎすると長持ちします。トラッパーが罠を仕掛けようとしたタイミングでその場を立ち去って引き伸ばしましょう。

どうしてもトラッパーとのチェイスが苦手なら「小さな獲物」が便利です。チェイスしながらでも罠の位置がわかるので、恐れる事なくいつも通りのチェイスができます。

小さな獲物(Small Game)

パーク効果
  • サバイバーパーク
  • 前方45度の8/10/12m内に罠かトーテムがあると発動
  • 効果音が鳴ると同時にパークが光る
  • クールタイムに15/12/10秒必要

呪いのトーテムを探したり、罠を使用するハグなんかにも効果があるパークです。

スポンサーリンク

対トラッパーのサバイバーパーク

先ほど挙げた、「小さな獲物」「サボタージュ」「デッドハード」が有効ですが、他にもこんなパークが地味に関係して来ます。

賭け金のレイズ(Up the Ante)

パーク効果
  • サバイバー全員の幸運が増加する
  • 増加率は(自分を除く味方の生存人数)×1/2/3%
  • 自分や他生存者が脱出や死亡してしまうと効果が消失もしくは弱体化する

幸運は罠や肉フックからの脱出率に関係して来ます。幸運が上がれば脱出率も高くなります。チェストの中身も良くなるので、使っているサバイバーもちょこちょこ見かけます。

スポンサーリンク

トラッパーのアドオン

アドオンによってキラーの能力は変わってきます。いつもと違う!と思ってしまうこともあるので、予め知っておくと警戒できます。

トラッパーのアドオンは罠に関するものになっています。

アドオンの効果
  • 罠が追加され、余分に持ち歩ける
  • 破壊時間、解除時間が長くなる
  • 設置速度が早くなる
  • サバイバーに罠のダメージが無くなる、獲得BPが増える
  • 罠を見づらくする
  • 罠で負傷したサバイバーに重傷効果
  • 設置速度が伸びるが、救出と脱出速度も伸びる

罠の数が増えたり性能がアップするものが多いです。ここで一つ気を付けておかないといけないのが「罠を見えづらくする」アドオン。トラバサミの色が暗くなり、結構見えなくなります。

ベリーレアになると、こんなアドオンも。

  • 罠が2つ追加され、2つ余分に持ち歩ける
  • 破壊時間、解除時間が劇的に長くなる
  • 設置速度が劇的に増加するが、救出脱出時間が大幅に増加、脱出率も低くなる
  • 罠にかかったサバイバーが脱出時に瀕死状態になる
  • 元気なサバイバーが解除すると負傷状態になる
  • 30秒ごとに閉じている罠が設置状態になる

ここで注意するのが「解除すると負傷状態になる」「閉じている罠が設置状態になる」アドオンです。このアドオンと戦うのは非常に厄介です。

トラッパーの罠の弱点、解除することが実質封じられてしまいます。前者は下手に解除して負傷状態になれば時間がかかるし、後者は再設置しに行く手間もいらないのでただただ罠を避けて逃げるしかありません。この二つは特に要注意です。

スポンサーリンク

トラッパーとの戦い方 最後に

大きなトラバサミで陥れていく古典的キラーなトラッパー。チェイスがしづらい厄介なキラーですが、キラーは1人なので罠をかけたり追いかけたり忙しいです。他のサバイバーとの連携がより重要なキラーになっています。

どうしてもトラッパーが苦手なら、一度プレイしてみることもお勧めします。結構キラー側も大変なんです。

Twitterで最新記事をツイートしています。フォローもお待ちしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました