映画【YESTERDAY】感想‐もし名曲が自分のものになったら

アビィロード レビュー

ある日突然、自分以外は誰もビートルズを知らない世界になっていたら ー ー

一度は妄想した人もいるんじゃないか、そんなお話の映画です。

この記事は一部にネタバレを含みます。ネタバレ箇所は事前に注意喚起しますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

イエスタディ‐あらすじ

売れないミュージシャン、ジャック。鳴かず飛ばずな自分の才能に失望し、もう音楽は諦めようと決意した矢先、不思議な停電と共に事故に遭う。

前歯を失う怪我を負いながらも、病院のベットで目覚めたジャック。

快気祝いの席で友人たちにビートルズの「YESTERDAY」を軽く弾き語りをすると、皆が驚く。

「いつの間にそんな素敵な曲を作ったの?」

「ビートルズ?誰それ?」

誰もあの伝説のバンドを、名曲の数々をひとつも知らない。家にあったレコードも無くなっている。

これは、ビートルズの曲を自分の曲として発表したら一体どうなってしまうのか。

半信半疑ながらも、記憶を頼りにビートルズの名曲たちを復元するジャック。

幼馴染でマネージャーのエリーと共にもう一度営業すると、瞬く間に浴びる世間からの注目、脚光。

大手レコード会社の超敏腕マネージャーに目を付けられ、スターへの階段を駆け上がろうとする。

その階段の向こうには一体何が待ち受けるのか・・・

スポンサーリンク

イエスタディ‐レビュー(ネタバレなし)

音楽好きに限らずとも楽しめる映画

ビートルズの楽曲がたっぷり使われたポップでハッピーなラブコメディです。

ビートルズをあんまり知らなくて・・なんて人も大丈夫です。

絶対聞いたことある曲ばっかだし。

テレビや街中で耳にする事も多いし、何なら英語や音楽の授業で習ったこともあるくらい。

そっか、これもこれもビートルズだっけ・・・えぇ、偉大すぎるでしょ!

もちろん私も世代ではないけれど、世代を超えて国を超えて。これだけ浸透しまくっているバンドの偉大さに改めて驚きます。

もちろん、ビートルズネタがふんだんに出てくるので、ビートルズ好きや世代にはたまらないノスタルジックな魅力があると思います。

でも、実際私が知っていたビートルズの情報はこんなもんでした。

  • ビートルズが伝説的バンドである
  • ジョン・レノンは殺害されている
  • アビィロードのジャケット

この程度知っていれば、だいたい意味はわかるし、くすっと笑えるので大丈夫です。

アビィロードのジャケット
アビィロード

現代で絶大な人気を誇るアーティスト、エドシーランも「エドシーラン役」で出てきます。

好きなのでテンションあがりました。思ってたより結構しっかり出てきます。

もしご存じなければ、映画観る前にエドシーランの曲を聴いておくとより楽しめるかもしれません。

こちらもきっと聴いたことがあると思います。

一緒に観に行った人の中にはエドシーランって誰よって言ってた人もいるので。一応、ですが。

音楽だけでもかなり楽しめる映画です。映画館の音響で聴くのが特におすすめ。圧倒的ライブ感が味わえます。

コメディタッチなストーリー

個性的な登場人物が多く、くすっと笑える場面が散りばめられていて楽しく気楽に観える映画でした。

そもそもビートルズがいなかったら音楽界は今のような状態なのか?とか。

背景が当時だからビートルズがあそこまでヒットしたのではないのか?現代でもウケるの?とか。

細かいことを考えると辻褄が合うのか謎な部分もありますが、その辺は気にしません。

小難しい内容でもなく、音楽とともにテンポよく進んでいくので、何も考えずどっぷり世界に浸れます。

疲れている時の気分転換には持ってこいでした。(観たとき疲れてました)

前半のサクセスストーリーからラストはどうなってしまうの?というのがついて回るので、ワクワクも止まりません。

素直でピュアなストーリー。そこが少し古典的にも感じました。これもビートルズ全盛期の当時に合わせた作りなのかもしれません。

実は私は色々邪な目線で観ていた (ネタバレあり感想で後述します) のにも気づかされて、私もひねくれてきたなーと思うほどでした。

スポンサーリンク

ネタバレありの感想

ここからはネタバレありです。まだご覧になっていない方は閲覧注意!

こちらでは私がいかに邪な目線で観ていたかお話ししましょう。

エドシーランのライブでジャックの歌うビートルズの歌を聴いて、何かに気づいたおじさん。

ストックの歌がネタ切れ気味になり、曲を思い出そうとビートルズゆかりの地を巡るジャック。誰も知らないはずのビートルズの聖地巡りを付け回す謎のおばさん。

この怪しげな2人は、ジャックのデビューライブ直前の記者会見で「その曲を作ったのはビートルズだ!」と責め立てます。黄色の潜水艦を手に持って。

イエローサブマリン

やはりビートルズを知っているようです。

「自分以外にも知っている人がいた」

ショックを受けながらも、因縁のホテルの屋上で全力のライブをやり遂げるジャック。

そんな彼の演奏を聴いて、もう一度謎のおじさんおばさんが楽屋に姿を現します。

てっきりビートルズの曲を自分のものにしてしまったジャックに怒っているのかと思いきや。

「名曲を復活させてくれてありがとう」二人は穏やかな、嬉しそうな顔でそう言います。

「あぁ、知っている人がいてホッとした」安心して懺悔を始めるジャック。

ジャック、ジャック!

だめだよ。その人たちそう言って安心させて、喋らせて、それを録音して世間に発表する気だよ!

って本気で思いました。絶対その展開じゃんと。

その後おじさんが差し出したものはICレコーダーだと!

・・違いましたね。ジョン・レノンの住所でした。どうやって調べたんでしょ。

あまりにも邪な気持ちで観ていた自分に愕然としました。汚れてしまった大人です。

ジャックがガンガン曲を発表して行く時も、自分ならもっと時間かけてゆっくり発表するのにストックなくなるじゃんとか思ってたし。

邪な私には、ラストのジャックのような思い切った判断はできないなーと反省しました。

あのマネージャーなら賠償金とか絶対求めてくるじゃないですか!こわい!

「Today」のジャックたちが幸せそうで良かったです。マネージャーから逃げきれたんです。きっと。

スポンサーリンク

YESTERDAYレビュー‐最後に

今回はちょっと初めて映画のレビューをしてみました。

個人的に音楽がたっぷり楽しめる映画って好きなんです。

「マンマ・ミーア」「レ・ミゼラブル」「シカゴ」みたいなミュージカル映画も大好きですし。

一時話題となった「はじまりのうた」みたいなのも好きです。

「YESTERDAY」はこの辺の映画が好きな人には特にハマる映画です。

スマホのプレイリストがビートルズ一色になりますよ。

10月11日からロードショーされているので、映画館で楽しみたい方はぜひお早めにご覧ください!

レビュー
スポンサーリンク
↓更新情報を随時発信!フォローお願いします↓
スポンサーリンク
はなすずめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました